読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいのうにっき

あたまのなかのデトックスを、不定期的に。主に Web 系技術ネタ。

「インフラエンジニアの教科書2」を読んだ

なんか前回のエントリと前後しちゃった感もあるんだけど、今月に入ってから「インフラエンジニアの教科書2」という本を読んでいて、今日それを読み終えた。 インフラエンジニアの教科書2 スキルアップに効く技術と知識作者: 佐野裕出版社/メーカー: シーア…

「障害発生時に即座に収集したいサーバの状態・14項目」を実際に収集してみた

僕はインフラエンジニアではないし、そうだったこともないのだけど、いま「インフラエンジニアの教科書2」という本を読んでいる。 インフラエンジニアの教科書2 スキルアップに効く技術と知識作者: 佐野裕出版社/メーカー: シーアンドアール研究所発売日: 2…

デーモンプロセスの作り方を通じて色々なことを再確認した

続き。今回はデーモンプロセスについて。 Unixプロセスとリソースの基礎を再確認した - えいのうにっき プロセスとの情報のやりとりについて再確認した - えいのうにっき プロセスの適切な扱い方を再確認した - えいのうにっき Unixプロセスとシグナルの基礎…

パイプとソケットでのプロセス間通信を Ruby で再確認した

前回までの続き。 Unixプロセスとリソースの基礎を再確認した - えいのうにっき プロセスとの情報のやりとりについて再確認した - えいのうにっき プロセスの適切な扱い方を再確認した - えいのうにっき Unixプロセスとシグナルの基礎をRubyで再確認した - …

Unixプロセスとシグナルの基礎をRubyで再確認した

前回までの続き。なるほどUnixプロセス ― Rubyで学ぶUnixの基礎 - 達人出版会をまだ読んでいる。遅読。 Unixプロセスとリソースの基礎を再確認した - えいのうにっき プロセスとの情報のやりとりについて再確認した - えいのうにっき プロセスの適切な扱い方…

プロセスの適切な扱い方を再確認した

プロセスの基礎再確認シリーズもこれで3つめ。 Unixプロセスとリソースの基礎を再確認した - えいのうにっき プロセスとの情報のやりとりについて再確認した - えいのうにっき ここまで見てきた間でも、ターミナルから irb を起動したり、Ruby コードから sy…

プロセスとの情報のやりとりについて再確認した

前回のつづき。なるほどUnixプロセス ― Rubyで学ぶUnixの基礎 - 達人出版会という本の読書メモ。前回のが意外なほどに読まれていてビビっている。 今回はプロセスと情報をやりとりする方法についてまとめる。プロセスレベルでの情報のやりとり、について。

Unixプロセスとリソースの基礎を再確認した

前置き 最近、「なるほどUnixプロセス ― Rubyで学ぶUnixの基礎」という本を読んでいる。 tatsu-zine.com

「スクラム実践入門」をじっくり読んだ

先月の上旬、自分が所属するプロダクトチームにおいて、自らスクラムマスターとなりそれに専念することにした、ということは、ぼく自身についての月報でもある じぶん Release Notes (ver 0.34.1) - えいのうにっき に書いたとおり。 で、これもまたその月報…

Google Cloud Platform のゲームインフラ本を読んでみた・読書メモ

本の正式名称は、「ゲーム開発が変わる!Google Cloud Platform 実践インフラ構築」。 ゲーム開発が変わる!Google Cloud Platform 実践インフラ構築 (NextPublishing)作者: 野下洋,芝尾幸一郎,シリコンスタジオ株式会社,長谷川祐介出版社/メーカー: インプ…

「nginx 実践入門」を読んだ

先日発売された nginx 実践入門を読みながら、おー、なるほど、と思ったところをメモもしていたので、それを読書メモとして晒す。ちなみに当方、nginx 初心者。(見よう見まねで conf を書いたことがある、くらい。) なるほどポイント nginx 起動時に sudo …

はてな上場のこのタイミングで、『「へんな会社」のつくり方』をもう一度読んでみた

はてなさん、上場(上場承認)、おめでとうございます! 「へんな会社」のつくり方 (NT2X)作者: 近藤淳也出版社/メーカー: 翔泳社発売日: 2006/02/13メディア: 単行本購入: 62人 クリック: 1,985回この商品を含むブログ (1101件) を見る ぼくと、『「へんな…

新卒受け入れカリキュラムを考える一環として「アプレンティスシップ・パターン」を読んだ

いま僕は、「新卒受け入れ研修の内容を考える」ということを主な業務のひとつとして取り組んでいる。 こんどの4月、いま僕が所属している会社に、新卒のエンジニアが入社してくる。なにぶん今年はその人数、5人。そして来年以降もこれくらいの採用人数は継続…

自社サービスの開発をしている僕が "「納品」をなくせばうまくいく" を読んだけど、とてもおもしろかったという話

ずっと積ん読されてた "「納品」をなくせばうまくいく" を、ようやく読んだ。株式会社ソニックガーデン の社長である倉貫義人さんの本。 読む前は、正直、「自分たちのビジネスモデルを顧客に手っ取り早く啓蒙するための本、ってところなんじゃないかなー」…

「Google Compute Engine 入門」を読んで、AWS と GCP の違いをまとめてみた

先日発売されたばかりの「Google Compute Engine 入門」(吉積 礼敏 氏 著)を読んだ。kindle版が出ていたので、買いやすかったし、読みやすかった :)

2011/08/03 日誌

5月中旬くらいから“ほぼ日”をモットーにエントリを書くのを目標にしてきてましたが、今日あたりから“ほぼ3日”(ほぼ3日に1回書く)でOKということにすることを、自分に対して許そうと思います!“ほぼ3日”。 今日のWeb 連載:高橋信也? プロジェクトマ…

「ゆるく考えよう(ちきりん)」を読んでいく(5/5)

2011/06/10の日誌。 一週間長い・・・。明日は休日出勤(´・ω・`)。 今日のWeb NFCを利用したAndroidアプリケーションのサンプルコードを公開 – 頓智ドット株式会社 公開したソースコード付き、というすごいプレスリリース。 「R&Dの一環として」、コードを…

「ゆるく考えよう(ちきりん)」を読んでいく(4/5)

2011/06/09の日誌です。 昨日はレベル上げ(ポケモン)してる途中で寝落ちしちまったい。テヘッ♪ 今日のWeb ツールを使っていない理由 - 開発支援ツール徹底調査2011 テスト編:ITpro システムテストまでできるツールがあるんだ? でもフリーのものは「ある…

「ゆるく考えよう(ちきりん)」を読んでいく(3/5)(2011/05/30 日誌)

今日のWeb タイム・コンサルタントの日誌から : Excelで工程表を書いてはいけない 結局これといった代替手段の提示があるわけではなく。「限界を知った上で、ツールを使い倒すのが、プロの仕事というものだろう」ということで。 『Life is Tech!』発・未来型…

「ゆるく考えよう(ちきりん)」を読んでいく(2/5)(2011/05/29 日誌)

今日の作業 映画観た 「インストール」 「嫌われ松子の一生」 泣ける。 パソコン見に行った 新しい母艦機候補の品定めに。結論からいうと、今は“待ち”。 今日のWeb 「キミらはまるでゴキブリだな」ついにブレイクしたエア・ビー&ビー、涙の創業物語 - Marke…

「ゆるく考えよう」を読んでいく(1/5)(2011/05/28 日誌)

今日の作業 家での開発に使ってるリポジトリが破損してたので、修復。 致命的なことに至らず良かった。 gitっていいのかなぁ・・・いいんだろうなぁ・・・。 昼寝した 何の予定も入ってない土日って久々かも。3時間ほど寝た! 読書した ちきりんさんの「ゆる…

「ほぼ日」の、就職論。

先日、「はたらきたい。 - ほぼ日の就職論」を読了しました。 はたらきたい。作者: ほぼ日刊イトイ新聞,糸井重里出版社/メーカー: 東京糸井重里事務所発売日: 2008/03/18メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 9人 クリック: 219回この商品を含むブログ (12…

人生を「うずめる」ところ。

もう一ヶ月ほど前のことになるんですが、梅田望夫さんの「ウェブ時代をゆく」を読了しました。6月に「シリコンバレーから将棋を観る」を読んだのを皮切りに、梅田さんの著書を遡って読んでいっているんですが、僕にとって梅田さんの紡ぐ言葉は、そのどれも…

「ほぼ日刊イトイ新聞の本」を読んだ。

ちょっと古い本だけれど。この本を読むまでは、僕は「ほぼ日」というものの存在は知ってはいたものの、一つのサイトを定期的にチェックするということをしない(その時その時に話題となっているページを見に行くタイプ)ものだから、「ほぼ日」に対しては「…

「読書ノート」のススメ。

読書と僕 元来僕は、あまり本を読む方ではありませんでした。ですが、ここ最近はてブを活用しだしたことで面白そうな本の情報が集まるようになったことや、“本から得られる知見の素晴らしさ”を熱心に説く後輩が出来たことなどから、最近はぽつぽつと、朝の始…

僕が「仕事」にしたいこと。

任天堂 “驚き”を生む方程式作者: 井上理出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2009/05/12メディア: 単行本購入: 31人 クリック: 408回この商品を含むブログ (125件) を見る 先日、「任天堂 〜“驚き”を生む方程式〜」を読了しました。本来の生活に必ず…

僕が「はてな」を好きな理由

先日、「はてな村」村民としては遅ればせながら、梅田望夫・著「シリコンバレーから将棋を観る」を読了しました。・・・僕が「はてな村」の村民として迎えられているかどうかは別として。