えいのうにっき

誤字脱字・記述の誤りなどはこちら https://github.com/a-know/blog.a-know.me へお願いします

「UNIXという考え方」を読んだ

以前に、kabuという半分ネタのCLIツールを作ったことがあった。Goの手習いに、という目的もあったのだけど。

blog.a-know.me

今でも月に一度は使うくらいの(自分にとっての)便利ツールなのだけど、このコマンドについて、「コマンドとしてあるべき姿」といった観点で、同僚からいくつか指摘をもらうことができたことがあった(「ネタにマジレスだけど......」と前置きしつつとても丁寧に添削してくれた :pray: )。

  • 引数がない場合は標準入力から取ると良い
  • いま標準出力に出してるようなメッセージは、標準エラー出力に出すと良い。そうすると他ツールとの連携がしやすくなる
    • -verbose オプションを設け、それがonのときだけ出す、などとする
  • 候補が見つからなかったときは、non zero exit statusで終わるのが綺麗

こうした指摘は大変ありがたい一方で、「そういう感性みたいなものは、どうやって身につけられたんだろう......」とも感じていた。なにせ kabu は完全に雰囲気で作っていたので...。。そういう経緯もあって、上記の指摘のときに一緒にオススメされたのだったかどうかは覚えてないのだけど、「UNIXという考え方」という本を読む必要性を肌で感じ、このたびようやく読んだ。

UNIXという考え方―その設計思想と哲学

UNIXという考え方―その設計思想と哲学

結果、まさに僕にとってドンピシャな本だったのでとても良かった。それだけじゃなく、現代の「マイクロサービス」や「アジャイルな開発」、「OSSエコシステム」や「ポータビリティ」といったところにも通じるたくさんのエッセンスがあるな、とも思った。やはりこういうところの思想・哲学のようなものは何年経っても色褪せないなーと。

続きを読む

「Amazon Web Services クラウドデザインパターン設計ガイド」を読んだ

Google Cloud の Professional Cloud Architect が気になっている、とこないだの記事で書いたのだけど、プラットフォームに依らないような、「クラウドの特徴や利点、活用方法」みたいなところのおさらいをしたくて、タイトルの「Amazon Web Servicesクラウドデザインパターン設計ガイド」を買って読んでみた。

Amazon Web Servicesクラウドデザインパターン設計ガイド 改訂版(日経BP Next ICT選書)

Amazon Web Servicesクラウドデザインパターン設計ガイド 改訂版(日経BP Next ICT選書)

blog.a-know.me

「プラットフォームに依らない」って、AWSの本やないかい!って感じなのだけど、メジャーどころのクラウドプラットフォームの各クラウドサービスは、細かい差異はあれど各製品に期待されるパーツとしての働きはほとんど似通ってるよな、と、これもこないだの記事をまとめる過程で感じていたので、そこはあまり気にせず、この本で再確認することにしてみた。この本だけで57個もの "クラウドデザインパターン" がまとめられていて便利。

続きを読む