えいのうにっき

誤字脱字・記述の誤りなどはこちら https://github.com/a-know/blog.a-know.me へお願いします

レモンラーメン

僕が住む、ここ・岡山でちょっとした話題の「レモンラーメン」なるものを食べてきました〜。 事前にネットで調べると、「レモンラーメンは、まぁ、食べられる。」「レモンはなくてもいい」「レモンラーメンよりもギョーザがひどい」・・・などなど、さまざまな情報が得られました。

これは行かねばなるまい。職場の同期にも声をかけ、いざ、勝負。

この佇まい・・・、、ゴクリ。


店に入って、こう頼む。「レモンラーメン5つと、ギョーザ2人前!」。 僕らは全部で5人。ギョーザは一人前7つということなので、とりあえず。 今から思えば、この中途半端な配慮がアダになった。

はい、レモンラーメンね〜

でた!! 一枚や二枚などという上品さはカケラもない!麺もチャーシューも、オーバー・ザ・レモン。

「い・・・いただきまーす・・・」

麺をいただく。続いてスープも。 ・・・ふ、ふつーにうまい・・・! 塩をベースにしたスープにほどよい酸味が効いていて、お世辞でもなんでもなく、これはうまい! とんでもない味を予想していたけれど、これだったらもう一回来て食べてもいいくらい。

「たいしたことねーな!ハハハ!」「ネット上の評判なんてのは、得てして大げさなんだよ!」なんてことを仲間と談笑しながらラーメンをつついていると、徐々に顔を出すレモンの本性。すっぱい・・・! ううむ、味でグラデーションを表現するなんて、大将のなんというアーティストぶり・・・。

「はい、ギョーザおまちどお〜」

おお・・・、、あまりのレモンラーメンの意外性に、ギョーザを頼んでいたことを忘れていた・・・。 パリパリ感ゼロの、このギョーザ。一人前7つということでしたが、パッと見3つや5つにも見えないこともない、国境無きギョーザ達。 まぁ、このぐらいは我が家で出てくるギョーザでも見慣れた光景ですから、レモンラーメンの意外さも手伝って、ひょいっと口に入れる・・・。

「!!!」

一言で言うなら「まずい」!!なんなんだ、これはなんなんだ?! 特筆すべきは、そのフレーバー! 強烈すぎて、もはやフレーバーなんだかテイストなんだかわからなくなるぐらい! なに?なんなの?薬草?薬品?漢方?洗剤?ワックス?なにこれ??味見したの???

「や・・・やべーなコレ・・・」「ネット上の評判は真実をもっとしっかり書くべきだ」なんてことを仲間とグチりながら、もはやレモン汁と化したスープでギョーザを無理やり流し込みました。 このギョーザの前には、レモンラーメンのスープもレモンスカッシュのごとく感じるから不思議。

「お疲れ〜・・・」なんとか全てを食べ終え、言葉少なに解散する面々。 「ラーメンまでは良かったんだけどね・・・」。「○○までは良かった」、まるで人生の縮図かのようなフルコースでございました。

意外とおいしいレモンラーメン、そして単独破壊兵器のギョーザを提供するのは、岡山県岡山市の「ラーメン太郎」。 営業時間は22時まで(15〜17時は休憩時間)、定休日は火曜日。場所はこちら。 もし機会があれば、ぜひ行ってみてくださいな。