読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいのうにっき

あたまのなかのデトックスを、不定期的に。主に Web 系技術ネタ。

英会話カフェに行ってみた

雑記 試してみた

f:id:a-know:20150221230101p:plain

FABulous

なぜ?

そもそも、今まで日本を出たことがないどころか、飛行機にすら乗ったことがないような僕が、英会話というものに興味を持ち始めた理由なんだけど、これまたすごい瑣末というか、しょうもなくて、"Rebuild.fm での宮川さんが、海外のゲストと流暢に話をしているのがカッコよかった*1から"、ただそれだけ。

それまではもう本っ当に興味がなくて、というのも、自分の描いている将来的なゴールに英語・海外というものが絡むこともなさそうだし、なんなら「もうこのまま一生、日本から出ることなく天寿を全うしてやる!ばか!」とすら思ってたしね。

まぁそれはそれとして、私は英会話に興味を持ちました・じゃぁどうやって上達しようかな、ってことなんだけど、自分は前々から、なんとなく、「英会話って、"勉強" するもんじゃないんじゃないかなー」と思っているフシがあって。ある言語で会話できるようになりたきゃ、その言語で溢れかえってる環境に飛び込むのが一番っしょ!、と。そしたらなんとかなるっしょ!、と。日本から出たこと無いくせに、そんなふうに思ってた。

まぁ、そういうことの確認も含めてだけど、"自分にあった英会話の上達の仕方ってなんだろな?"、と思って少し調べてみたら、トップに上げた画像の "英会話カフェ" なるものがあることを知って。しかも、自宅の徒歩5分圏内に。

詳しくはこの英会話カフェのWebページを見て欲しいんだけど、

  • 予約不要
  • 時間制限なしの一律 2,000円
  • フリードリンク
  • 英会話ができなくてもOK(相手は日本語も話せる)
  • 英語でのコミュニケーションを楽しむ場
  • 夜22時までやってる

...というような、"入会金とか予約とか一切ないライトなかんじ" "行きやすいロケーション" という英会話カフェに、自分の考えである "その言語で溢れかえってる環境にとびこむ" がとてもマッチしてるように感じられて、んじゃまぁとりあえず行ってみっか、となったわけだ。

で、どうだった?

入店したら、オーナーさんと外国人の女性(後の会話でわかったけど、カナダから来た学生さん)の2人がいて(しかいなくて?*2)。簡単な自己紹介(既に英語)をしたあと、ただひたすら英語で会話。気がついたら1時間半経ってた。

感想、っていうと、僕はそもそも知らない誰かと話すのが好きなので、"楽しかった"、となるんだけど(もちろん最初は超緊張したけど)。

初対面同士の会話としては一般的な会話が多かった(仕事は?とか、趣味は?とか)ということもあり、言ってることは4〜5割はわかるかんじだった。うまく聞き取れなかったところも、怪訝な表情をすれば(ぱどぅん?なんて聞けなかったのが悲しいトコロ)、もう一度言いなおしてくれたりしたし、なんならちょいちょい日本語も混ざってた。そんな、「英語だけじゃないとダメよ!」っていうルールに縛られすぎてない感じもまた、いいなと思った。

やはり問題は、自分が話す側に回ったときのこと。何かを聞かれて、「○○だよ!」って答えは頭のなかに浮かんでいるのに、それが英語で出てこないのが、もんの凄く、もどかしかった。笑 「〜〜したことがあるよ」とか「昔は〜〜だった」みたいな、学校の勉強では出てきてたようなことすら、パッと出てこないんだもの。

ってわけで、今回のこのチャレンジで得たものは、

  • "その言語で溢れかえってる環境にとびこむ" って考え方は間違ってなさそう
    • 率直に "どんなふうに英語を身につけたらいいかな?" って聞いてみたら、そんな感じの答えが返ってきたので
  • いわゆる "勉強" ではないにしても、会話のなかでよくあるフレーズとか慣用句とかは、多少なりともインプットしておきたいと強く思った
  • 発音は良いねと褒められた(*´艸`*)

ってかんじかな。

そんなわけで、さっそくこんな本(CD付き)を買ってみたりもした。

f:id:a-know:20150222123748j:plain

ネイティブ英会話フレーズ集3240―スーパーCD4枚付き

ネイティブ英会話フレーズ集3240―スーパーCD4枚付き

本を読む、というよりは、CD の内容を繰り返し聴いて、パッとフレーズが出るようになったらいいなーとか思っている。んで今度こそは、退屈させない会話をしてやるんだ...!

とまぁ、学びもヘコみもあったんだけど、個人的には、"英会話に興味がある" "宮川さんカッコいい!" という少しぼんやりした動機が、"あのカフェでもっと会話を楽しみたい!" "宮川さんカッコいい!" という動機に変化したのが、なによりの収穫かなと思った!

*1:ていうか、宮川さんの声は本当に聞き惚れる。大好きだ。僕もああいう声になりたい。

*2:普段は他の参加者もいることはままあるらしいんだけど、この日はなにぶん悪天候で、終始参加者は僕一人だった。