えいのうにっき

むかしのじぶんのために書いています

エザンスのiPhoneストラップを付けてみた!

何日か前に、はてブを賑わせていたエザンスのiPhoneストラップ。永遠の課題とすら思う人も多かったであろう、ストラップホールを持たないiPhoneへのストラップの装着。それに対してエザンスは、「iPhone底部にあるネジ穴を利用する」という斬新な解決策を提示してきた。・・・むぅぅ。そんなの、試さないワケにはいかないじゃないですかっ。



使用前

僕は、現在iPhoneにはAirジャケット(パワーサポート製)を装着してるんですが、このジャケットには、マナースイッチのためにちょっとした穴が開いてるんですね。今日までは、この穴に無理矢理ストラップを通して使用していました(上写真)。
これでもさして不満はなかったんですが、もともとが薄いAirジャケットですからちょっとした心許なさもありました。

装着開始

まずは、ストラップと一緒に購入した精密ドライバーを使ってiPhone底部のネジを外します。左右どちらでも大丈夫とのことでしたが、なんとなく左を選択。

ち、ちっちぇ〜っ!!



さて、付けるときはどうするかというと、精密ドライバー・・・は使えなくて、なんと手動。笑
紐の部分のたゆみを無くして、やや紐を引っ張りながら、ネジは押し込むようにしながらちょっとずつ回していきます。

苦戦が予想されましたが、思いのほかスムーズに出来たんじゃないかと思います。説明書には「ネジの頭がiPhone本体からはみ出ていないことを確認して下さい」とあるんですが・・・

まぁ、こんなモンかな。

使用後

うん、なかなかイイかんじ! 当初は、「ネジ穴はネジ穴で、心許ないかも・・・」と思ってましたが、なかなかどうして、頼り甲斐があるかんじです。

気になることとか

「ネジを外した場合、Appleのサポートが受けられなくなる?」という心配も無くは無かったんですが、エザンスのHPには「アップルショップではネジの有無に関係なくサポートは受けられます」とあるので、まぁ大丈夫そうです。でもまぁ、そういった危険性も孕んでいる、という認識は持っておいた方が良いかもしれませんね。

あと、引張強度はどのくらいあるのかなぁと説明書を見てたら、なんと3kg以内なら大丈夫なようです。こりゃ驚いた! でもまぁ、取り付け部位が部位だけに、出来る限りデリケートに扱ってあげるのがよさそうです。

あと、今回はプラ製のアダプタタイプのものを購入しましたが、他にもチタン製とか、普通の革のストラップもあるようです。黄色い革ストラップがあったら、買ってたなー。でもまぁどれも取り付け方は同じようなので、どのタイプも最初はちょっとした作業が発生しますよっと。