読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいのうにっき

主に Web 系技術ネタ。背景画像 is powered by grass-graph.shitemil.works

じぶん Release Notes (ver 0.35.1)

昨日・4/30、a-know (ver 0.35.1) がリリースされました。更新内容は以下のとおりです。

技術

ver 0.35.0 〜 ver 0.35.1 での技術面での学び・得たものは以下の通りです。

イベント

  • 家の近所でお花見をし、気分転換しました。
  • 日光・鬼怒川温泉近辺に小旅行をし。リフレッシュしました。
  • 数年ぶりにカラオケボックスに行き、ストレスを解消しました。

買い物

ver 0.35.0 〜 ver 0.35.1 の期間での主要な買い物は、下記の通りでした。

ブログ

ブログに関する各種指標の推移

グラフは Mackerel のサービスメトリック機能を使用。

はてなブックマーク数推移

差分値表示

f:id:a-know:20170501073820p:plain

合計値表示

f:id:a-know:20170501073116p:plain

3,492 → 3,526(+34

はてなスター総数推移

f:id:a-know:20170501073133p:plain

989 → 1,001(+12

各種購読者数推移

差分値表示

f:id:a-know:20170501073830p:plain

合計値表示

f:id:a-know:20170501073125p:plain

285 → 288(+3

仕事

mackerelio.connpass.com

mackerelio.connpass.com

  • チーム内マーケティングメンバーを対象に勉強会を開催するようになりました。

まとめ

今回のリリースでは「詳解システムパフォーマンスの輪読会への継続参加」と「自らがオーガナイズするセミナー(Mackerel / AWS / Twilio Hands-On Seminar)の準備・開催」という大きな2つの活動目標があり、実際の取り組みもそれらの影響を大きく受けるものとなりました。

(既に上げているエントリにも書いていますが)「詳解システムパフォーマンス」は良書ではあると感じられるもののボリュームも多く、また現時点での自分にとって蓄積の少ない分野の本であるということもあり、より多くの時間を掛け丁寧に進めるように心がけています。

また Mackerel / AWS / Twilio Hands-On Seminar に関しては、自社だけではなく他社(2社)も含めてのオーガナイズということもあり、こちらもやはり多くの時間を掛けて準備を進める必要がありました。

セミナーに関しては無事終了したものの、輪読会は5月も続くため、気を抜かず継続的に参加していきたいと思っています。また、この GW では改めて docker の実利用(grass-graph の dockerize)にトライし、その技術的恩恵や難しさなどを(今度こそ)自分の実感として得たいと考えています。

このように、今回はあまりパッとするところの少ないリリースとはなりましたが、着実に物事を進められている実感はあるので、引き続き次回のリリースにも取り組んでいきたいと思います。

次回のリリースは 2017-06-01 の予定です。



follow us in feedly