読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいのうにっき

あたまのなかのデトックスを、不定期的に。主に Web 系技術ネタ。

じぶん Release Notes(ver 0.34.9)

じぶんリリースノート

昨日・12/31、a-know (ver 0.34.9) がリリースされました。更新内容は以下のとおりです。

技術

イベント

買い物

ver 0.34.8 〜 ver 0.34.9 の期間での主要な買い物は、下記の通りでした。

ブログ

はてなブックマーク数推移

f:id:a-know:20170101102845p:plain

2,817 → 2,844(+27

はてなスター総数推移

f:id:a-know:20170101103007p:plain

852 → 882(+30

各種購読者数推移

f:id:a-know:20170101103133p:plain

251 → 257(+6

仕事

まとめ

ver 0.34.8(2016年12月)の期間については、仕事については(良くも悪くも)相変わらず、といった形でしたが、有給休暇を絡めて長めに取得することができた年末休暇期間にそれなりの量のインプットが行えたため、全体としてはなんとかバランスを保つことができた期間となりました。

特に みんなのGo言語【現場で使える実践テクニック】 による学習については、数日間のまとまった時間が必要(そのような取り組み方の方が効率的)であることは購入当初から考えており、それをこの休暇期間を使って当初の計画通りに実行できたということには、一安心でした。つい読み始めてしまいたくなる衝動を抑え、敢えて積読しつづけてきた甲斐がありました。

特に Go 言語による簡単な CLI ツールの開発(GitHub - a-know/a-know: CLI tool about me (a-know))を発端とした CI 環境の整備やリリースフローの自動化など、自分にとって新しいことを学ぶいいきっかけを与えてくれる本となりました。

その他、こういった帰省の折にしか会う機会がないような友人にも会うことができ、この年末の休暇は硬軟両面において充実したものにすることができました。

一方で、休暇であるにも関わらず気がつけばつい仕事のことについて考えてしまったりしていて、意識せずともバランスの取れた生活を送る、という点に関してはまだ課題が残る点もありました。

また、合同勉強会 in 大都会岡山 -2016 Winter- - connpass にセッション登壇できたのもとても良かったです。この発表をきっかけに多くの人が Mackerel を使い始めてくれて、とてもとても嬉しかったです。

今後も、「使ったことのない人が見ても理解できる・思わず使ってみたくなる紹介」ができるよう、心がけていきたいところです。

はやいもので、2016年も終わってしまいました。2016年全体のふりかえりはまた別エントリとしてまとめる予定です。

次回 ver 0.34.10 のリリースは 2017-02-01 の予定です。新年最初の月を無事に切り抜けられるかどうか、見ものです!

follow us in feedly