読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいのうにっき

主に Web 系技術ネタ。背景画像 is powered by grass-graph.shitemil.works

株式会社はてなに入社しました

こんにちは! a-know です。

わたくし a-know は、このたび 株式会社はてな に入社いたしました。今日が初出社日です。つい今しがた、初めてのまかないランチを食べ終わったところです。とても美味しい

f:id:a-know:20160719133606j:plain

24歳で社会に出てから今までの10年間とちょっと、いわゆる『ソフトウェアエンジニア』として働いてきましたが、今日からは、株式会社はてな が提供している Mackerel というプロダクトの『セールスエンジニア』として働き、成果と経験を積んでいくことになります。勤務地は南青山にある東京オフィスです!

……「で、誰?」という声が今にも聞こえてくるようですw。現時点で私は何者でもないので、内外にお伝えできるような成果を1日も早くあげたいと思っているところです!

入社の経緯

そもそもの「はてなへの入りたさ」のようなものは後述させて頂くとして、今回の入社のキッカケとしては、5/12 に開催し多くのユーザーの方々にご参加頂きました、Mackerel Meetup #7 への(ユーザーとしての)参加、でした。

この場で、同じくセールスエンジニアの id:sharatani から声を掛けてもらい、その仕事内容を聞いたりしているうちに興味を抱き、あれよあれよと今回の入社が決まってしまった、というかんじです。

ミートアップ前後で風邪を引いてしまっていたこともあり、イベントへの参加自体を迷ってすらいたようなところもあったのですが、そこで欠席していたらこうはなっていなかったわけで、いやはや人生、いつ何が起こるかわからないなと少し怖くなりました。w

Mackerel は前職でもふつうに利用していましたし、それでは飽きたらずプライベートでも使ってみていたほどには大好きなプロダクトなので(Mackerel User Group Meetup #1 では LT もさせて頂きました!)、そんなプロダクトを世に広めるお手伝いをこの手でできることを、大変うれしく思っています!

なぜ『セールスエンジニア』か

そもそも「(はてなにおける)セールスエンジニアとはどんな職種か?」ですが、昨年のはてなデベロッパーアドベントカレンダーで、id:sharatani がまとめてくれていますので、ぜひそちらをご覧頂ければと思います。

sharatani.hatenablog.com

また、世間一般的な『セールスエンジニア』についても、二ヶ月ほど前にセールスエンジニア職に関して詳細に書かれたブログがバズったことがありました。こちらもご覧頂くと良いと思います。

shiumachi.hatenablog.com

はてなにおいて『セールスエンジニア』職のメンバーは、まだ id:sharatani と私の二人しかいません。つまり、今日までは id:sharatani が一人で、セールスエンジニア職としての仕事を作り上げ、こなしてきた、ということになります。これがいかにとんでもないことか、というのは想像に難くないのですが、なぜだかそれが、私の目にはとても魅力的に映ったのです。

その「なぜだか」ですが、それはきっと「まだまだ “はてなのセールスエンジニア職” の職域は固まりきっていない」からだ、と思っています。 もうすこし具体的に書いてみると、"はてなのセールスエンジニア職として働く" ということは、

  • 組織やチーム、プロダクトにとって必要なことは、なんでもできる
    • そのチャレンジを許容してくれる環境がきっとある
  • 『自分がこれからやっていく仕事』が『はてなのセールスエンジニア職の仕事』になる!
  • 僕は、コードを書く以外のことでも組織に貢献できることに取り組むことは楽しいし、やりがいを感じられる。そんな自分にこそ合っているのではないか

…と、考えたから。ってかんじだと思ってます。

特に3点目に関して。前職において、転職当初こそ『Web アプリケーションエンジニア(もしくはチームリーダー)』として “普通の” 職務をこなしていたものの、最後の方では

  • 所属チームのスクラムマスター
  • 採用イベントの企画立案・レクチャー担当、新卒受け入れ責任者担当(研修講師の実施)
  • 社内 Podcast を CTO と二人で開始
  • 他社 CTO へのインタビュー企画の立案・実行

…といった、その本来の職域からは『はみ出た』ようなことをむしろ好んでチャレンジしていたようなところがありました。このことには大きなやりがいも感じていましたし、このような僕の特性は、これではこれで価値があることなのかも?自信に思ってもいいのかも?とも思い始めてもいました。そんなわけで、今回の『はてな・Mackerel のセールスエンジニア』という働き方もアリかも!と思えたのもごく自然な流れだったと思っています。

なので、まずは id:sharatani が今やっている仕事を満足にこなせるようになることが目標ですが、それがある程度できるようになったら、今までの経験を活かして、その職域そのものをどんどん広げていこう!と思っています。

その結果、「セールスエンジニアって、そんなことも(やる|できる)の?!すごい!」っていう感じになるのも目標のひとつです。w(キャリア採用のページに付けて頂いている魔法戦士みたい」というブコメが、じつは個人的にはとてもお気に入りです!)

セールスエンジニア職 - 株式会社はてな

セールスエンジニアカッコいい。魔法戦士みたい

2015/01/14 19:36

一方で、引き続き『エンジニア』であることには変わりはないので、今後もコードを書くことやインターネットの一部となるようなものを作ることからは決して離れたくないし、むしろもっと上手になりたいなとも思っています。

「もっと上手になる」という点に関して言うと、はてなにいる他のエンジニアさんたちはもうとんでもない人たちばかりだと思うので、その中で一緒に働けること(その空気感の中に身を投じられること)をとても楽しみにしています。

(そしてこれは半分お世辞だとは思うのですが、「仮に Web アプリケーションエンジニアとして受けていただいていても十分合格ラインだったと思う」というようなことを言って頂けたのはめっちゃくちゃ嬉しかったし、↑のような気持ちがまたさらに強まりました!)

はてなに入社する、ということについての思い

COBOL を書くところからエンジニアのキャリアをスタートさせた私がそもそも、はてなを始めとした Web 系の業界を志すきっかけとなったのが、「へんな会社」のつくり方という、2005年(くらい)当時のはてなに関する本を読んだこと、でした。これを読んだことで、「こんなかんじに開発を仕事にして活躍している人たちがいるんだ!」「自分もそういうふうになりたい!」という強い気持ちが芽生えたわけです。

「へんな会社」のつくり方 (NT2X)

「へんな会社」のつくり方 (NT2X)

以降約8年間、その気持ちを満たしつつもその時その時の現場で活躍するためには自分はどうすればよいか?を考え、行動し続けてきたつもりです。

その行動の行き着く先として、半ば夢のように思い描いていたのが「自分もはてなに入ること」だったのですが、それがこうして現実となり、なんというか、この8年間の行動の全てを肯定してももらえたようで、正直、涙が出ました。w

ただ、こうやって喜ぶのも今日だけにしたいと思います。今日という日は、8年間目指してきたもののゴールであり、スタートです。今日入ったばかりの僕が言えることではないかもしれないですが、はてなを、より “はてな” らしくする」ことの力にもなれたらなぁ、と思っています。

前職について。

2013年の10月から約2年9ヶ月間、株式会社フィードフォースという BtoB の会社で Web アプリケーションエンジニアとして働いていました。

www.feedforce.jp

Web アプリケーションエンジニア、といいつつ、先述の通りいろいろやってきていて、むしろその職種にじゃっかんの窮屈さすらも感じていました。w

「許可より謝罪」の文化がある会社で、こうしていろんなことにチャレンジをさせてくれて本当に有り難かったです。大げさでも何でもなく、本当に素晴らしい会社です。僕にとって特別な会社である「はてな」を除いて、この会社以外に「行きたい!」と思える会社は見つからなさそうだなと、常々思っていました。

その他、フィードフォースの特長を思いつく限り挙げておきますね!

  • スクラム開発と XP をベースにしてます
  • まだまだベンチャーなんですが、良い意味でみんな「大人」で、落ち着いた雰囲気があります
  • 年齢関係なく、技術力の高いエンジニアばかりです
  • 毎週金曜日には持ち回りで勉強会をやってますし、水曜日にはボドゲボードゲーム)好きが集まって遊んでます
  • もし社内の風景が気になる方は #おはF - Twitter検索 をどうぞ!
    • 朝活がてら一日一枚、社内のそこかしこを撮影してつぶやいてました
  • 今年は新卒エンジニアが5人も入社してきてくれました & そんな彼らの受け入れの責任者を務めさせて頂きました!
  • 「今やるべきこと」を考え、遂行できれば、具体的な評価で応えてくれます
    • 在職期間を通じて、満足の行く評価(昇給)をして頂けたと思っています

僕がこうして次の大きなチャレンジにトライできるのも、フィードフォースという素晴らしい環境でかけがえのない経験をすることができたから、にほかなりません。本当にありがとうございました!

f:id:a-know:20160717092228j:plain

↑いちどに3枚も色紙を頂いたのなんて初めてです(´;ω;`) はてなに行く、ということで「はてなブロック」もいただいたw

どうぞよろしくお願いします!!

これまで以上に、仕事にプライベートに、全力で楽しんでいきたいと思っていますので、これからもどうぞよろしくお願いしますっ!!

ウィッシュリスト

貼っておけと言われたので貼っておきます!(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾

www.amazon.co.jp



follow us in feedly