えいのうにっき

主に Web 系技術ネタ。背景画像 is powered by grass-graph.moshimo.works

【Grass-Graph】指定した日付当時の contributions graph 画像が取得できるようになりました

わたくし、 Grass-Graph / Imaging your GitHub Contributions Graph というサービスを細々と運営しておるのですが。

f:id:a-know:20160702230518p:plain

Grass-Graph / Imaging your GitHub Contributions Graph

どういうサービスかというと、GitHub の contributions graph を PNG ファイル化してくれるサービスです。このあたり↓が関連エントリです。

https://grass-graph.shitemil.works/images/<github_id>.png という URL で、その GitHub ID のグラフ画像を返します。このブログの右→サイドバーに表示させているのも、それです。

運用開始から約半年、おかげさまで、3,4 人のユーザーの方にご活用頂いております(泣いてなどいない)。

そんな Grass-Graph なのですが、このたび、表示させたい日付を指定できるようになりました。こんなかんじ https://grass-graph.shitemil.works/images/<github_id>.png?date=20160701 で指定していただく形となります。

ただ、どんな ID でも・どんな日付でも表示させられる...というわけでは当然なく、以下がこの機能にまつわる仕様です。

  • 2016/07/01 以降のデータのみをサポートします
    • 昨日、この機能を仕込んだからです
  • そもそもが「その日最初の取得データをサーバサイドでキャッシュ・保持する」仕組みです
    • なので、ある GitHub ID において画像のリクエストが一度も行われていない日があった場合、その日のデータは Grass-Graph としても取得されておらず、過去のデータとしても参照できません

...というかんじのため、この機能を使ってあとでニヤニヤ(・∀・)したい場合は、今のうちから毎日取得しておくことをオススメいたします。僕が自分のブログに仕込んでいるように、「最低でも毎日1アクセスはされるサイト」に Grass-Graph のイメージタグを埋め込んでおく、というのがいちばんお手軽かなと思います。

ブログだけではなく、ポートフォリオページなどにお使い頂くのもオススメです!こちらのシカゴの方とか、お使い頂いております!

ゆくゆくは、この機能の発展形として、グラフ画像の変遷を指定期間でアニ GIF 化できたらおもしろそうだなぁと思っているのですが、現時点で予定は未定です。

follow us in feedly