読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいのうにっき

あたまのなかのデトックスを、不定期的に。主に Web 系技術ネタ。

じぶん Release Notes (ver 0.34.1)

じぶんリリースノート

昨日・4/30、いのうえ (ver 0.34.1) がリリースされました。更新内容は以下のとおりです。

技術

イベント

買い物

ver 0.34.0 〜 ver 0.34.1 の期間での主要な買い物は、下記の通りでした。

  • 寿司ゆき Tシャツ
  • 薄手のジャケット
  • MacBook(Early 2016)
    • 主なスペックは下記の通りです。
  • USB-C Digital AV Multiportアダプタ(MacBook と同時購入)
  • ポータブル外付け HDD
  • Xperia z3 tablet compact 充電クレードル
    • 本体の購入から1年以上経過したこのタイミングでの購入と相成りました。

ブログ

仕事

チームビルディング業務

  • 自分の所属するチームの開発が、全体的にうまく回らなくなってきてしまいました(〜 4月上旬)。
    • 本当に必要とされる価値をうまく届けられなかったり
    • スプリントを追うごとに改善を積み重ねていかなければならないところを、足踏みのような状態が続いてしまっていたり
    • スクラム開発手法をベースとした開発を続けていたが、取り入れるプラクティス・チーム内ロールの割り振りが中途半端な状態
  • 上記のような理由により、スクラム開発の基礎に立ち返る必要性を感じました。そのため、
    • スクラム実践入門」の読書を開始しました。
      • これまでに読んでいた本は「SCRUM BOOT CAMP THE BOOK」「アジャイルサムライ」くらいでした。
      • 読みながら読書メモを取ることで自身に対する知見の定着を図りつつ、
      • それを章ごとに社内 Qiita:Team に書き出すようにすることで、いつでも誰でも参照できるようにしてみました。
    • まずは「守破離の守」を目指すため、スクラム開発の基礎に立ち返り、自チームの開発をスクラム開発のフォーマットに当てはめました。
    • 自らスクラムマスターとなることを宣言しました。
      • 業務上、所属チームのリーダーであることを降りることはできなかった(本来であれば、開発チームの一員であることとスクラムマスターとは兼任すべきではない)ため、「開発チームリーダー 兼 スクラムマスター」となりました。
      • 「開発チームリーダー 兼 スクラムマスター」としての仕事として、主に下記のようなことを行うことに特に配慮しました。
        • 各種スクラムイベントのファシリテート
        • プロダクトオーナー(社長が兼任。これもスクラムの考え方では好ましくない)の支援
        • オーナーと開発チームとのコミュニケーションの支援
        • スクラムチームにおける、スクラム開発についての一番の理解者であること
        • 開発そのものへの関与は、コードレビュー程度に留める
          • プロダクトに関する技術的責任を負う為

2016年度新卒社員教育業務

  • 2016年度の新卒社員が入社しました(4/1)。
  • 2016年度新卒エンジニア社員の受入責任者として、自身が講師を務める集合技術研修が開始しました(4/21 〜)。
    • ver 0.34.0 〜 ver 0.34.1 の期間において研修として実施したカリキュラムは下記の通りです。
    • 以下の様な点を伝え、納得してもらいながら進めることを気をつけながら、研修を実施しています。
      • 「私が全てを教えてくれるとは思わず、一緒に学んでいこう」
      • 「覚えておいた方がいいことも多いが、全部を記憶するのは無理」「この本に書いてあったなー、という脳内インデックスづくりや、ググって目的の情報にたどり着くための心構え(二次情報が見つかっても、それを裏付ける一次情報に当たるようにする)を持とう」
    • 予め想定していた実施形式に固執することなく、研修期間中であっても、意見や感想を随時取り入れ、「新入社員にとって最も為になる方法」はどんなものか、を、探りつつも進めることも、ver 0.34.2 の期間においても心がけたいです。
  • 新入社員が各プロダクトチームに週替りで仮配属する「お試しローテ配属」期間がスタートしました(4/26 〜)。
    • 新入社員自身が本配属に向けて各チームの状況を知ることができる、というだけでなく、
    • 今までメンバーの出入りが殆どなかったチームに対して変化を起こせる、会社全体で新入社員を受け入れるという意識付けを狙った取り組みとして、今後も継続していきます。

その他・自チームでの技術的動向について等

  • terraform + consul + capistrano + strether による blue-green deployment を行うための基礎基盤の整備が完了しました。
  • 2017年度新卒採用に向けた採用イベント・ギークツアーズにて登壇し、「自社のエンジニアとして働くとはどういうことか」を学生の皆さんにお伝えしました。

朝活

まとめ

ver 0.34.1 のリリースに際しては、新入社員の受け入れとほぼ同時に、自チームへの改革・大鉈を振るうことも行わざるを得なかった期間でした。 そのため、どうしても自分自身のことよりは自チームのためになりそうなこと、新入社員のためになりそうなことを実施するために動くことを優先してしまいました。個人プロジェクトやブログへのアウトプット、技術的なインプットが少なくなってしまった点は反省点であり、悔しく思っています。

ver 0.34.1 〜 ver 0.34.2 の期間は常に新入社員と共に過ごす期間となります。一方で、ver 0.34.3 あたりで大きな挑戦をしたいとも個人的に思っており、その準備期間としても位置づけたいと思っています。

そんな次回リリース・ver 0.34.2 のリリースは 2016-06-01 の予定です。ご期待頂ければと思います。