えいのうにっき

主に Web 系技術ネタ。背景画像 is powered by grass-graph.shitemil.works

Mashup Award #8に応募したよ!

こんにちは!a-knowです。
この度、 「ツイート内容感情解析サービス」として、「Emornal(エモーナル)」という
Webアプリを作成し、それを「Mashup Award #8」に応募しました!



ツイート内容感情解析サービス「Emornal」

どういうサービス?

メタデータ株式会社様ご提供の「感情解析API」を用いて、登録ユーザーの一日のツイートを感情解析。
その結果を、「晴れ(良い)」「曇り(普通)」「雨(悪い)」の3パターンに分類し、
日記としてカレンダー上にマッピングする、ということをしてくれる、簡単なWebサービスです。
このサービス名は、「Emotion(感情)」と「Journal(日記)」を掛け合わせた造語です。

きっかけとか。

参加のきっかけ

前々からこういうコンテストには参加したいと思っていたのが第一にはあるのですが。。
Mashup Awardの存在自体を知ったのが、前回の第7回が終わった直後だったので、
よぉし、次回は絶対に参加するぞ!」と心に決めていた、というのが大きいです。
決して十分な時間を割けることができる環境があったわけではない中、
その決心通りに(たいしたものではないにしても)作品を完成させ応募することができたのは、よかったなぁと思っています。

このサービスを作ったきっかけ

もともとライフログっぽいものが好きなのがやっぱり大きいですね。
あとは、公式サイトのAPI一覧眺めていて、単純に「このAPI、おもしろそうだなぁ」と思った。それぐらいです。笑
あ、そもそも自分が「こういうのが欲しいなぁ、あったらなぁ」と思えていたのが
何よりの原動力であったことは、言うまでもないです!

作ってみて思ったこと

いくつか前のエントリでも書いたとおり、Web系ベンチャーのサーバーサイドエンジニアに
転職したわけなんですが、ほんと毎日が学ぶことばっかりで。
こうして身につけたことを実際に使って、何か作りたい!」、そして「作ったったった!!」、
・・・なんていうか、自己完結な表現ですけど、超気持ち良かったです。笑


とはいえ、今回作ったこのサービスは大して難しいことをしているわけでもないし
(多分転職前の実力でも作れたと思う・・・笑)、
当然これぐらいで満足しているわけではないのですが、
業務で身につけたものを使って何かを作り、またそこでも学ぶものがあった」、
というこのいいサイクルは、今後も続けていきたいなぁと思いました!
(今まで作ったすべてのものについても、
 「今の自分が作れば、きっと何倍もイイものが作れる!」っと思えてますし、ね!)


とはいえ、こんどはあまり〆切りに縛られず、のびのび作りたいなぁと感じたのも
事実です。。笑


おまけ

このMashup Award、別にこの開催期間に作られたものでなくても
応募してよさそうな感じだったので、
今年3月に作った「Masterpiece」も、ついでにエントリーしといてみました。


とはいえ、別に賞とかは比較的どうでもよくて(そりゃ評価されればウレシイですが)、
これをきっかけに僕や僕のつくったものに興味を持って下さる方が
一人でも増えてくれたらいいなぁという気持ちです。


さて、次は何を作ろうかなぁ?