えいのうにっき

主に Web 系技術ネタ。背景画像 is powered by grass-graph.shitemil.works

2011/11/08 日誌


やる気になったときのベテランは凄い。やる気にさせるのが難しいのかもしれないけど。


祝・Google App Engine、Preview版卒業!

ワンテンポ遅れた(卒業は7日でしたね)話題ですが〜。


卒業に際して、下記のようなメールも来てましたね。例によって意訳してみます。


件名:Get ready for Google App Engine to leave Preview on November 7
11月7日のGAEプレビュー版卒業のご準備を!


Dear Google App Engine Application Administrator,
GAEアプリケーション管理者の皆様へ


As a follow up to our previous announcement, on November 7th, 2011 App Engine will be graduating from Preview status. This means that starting on the 7th, App Engine will have a new Terms of Service, SLA for paid Apps, and of course the new pricing structure will be in effect. This includes our last set of changes that eliminate the Incoming Bandwidth charges and reduce the cost for Outgoing Bandwidth and Blob storage.
先日のアナウンスの通り、来る11月7日に、GAEはプレビュー版を卒業いたします。これはつまり7日より、GAEのサービス規約が新しくなり、課金済みアプリケーションへのSLAが提供され、新しい料金体系が適用されることとなります。これには、最後に行った変更(Incoming Bandwidth chargeの廃止、BandwidthとBlob storageのOutgoingコストの低減)の適用も含めます。



The comparison bills that have been visible in your application's Billing History section reflect the cost of running your application under the new pricing structure. Please ensure you have properly adjusted your new budget before November 7th so that your app continues to operate smoothly when the price changes take effect.
料金の比較は、あなたのアプリケーションのBilling Historyで、新料金体系下でのランニングコストを反映した形で確認できます。料金体系変更が実施されてもあなたのアプリケーションが問題なく利用し続けられるよう、11月7日までに、予算設定を正確に調整しておいて下さい。



Additionally, last month with our 1.5.5 release, we launched two related features worth highlighting here. Firstly, we made Premier accounts available for those interested in premium support, invoice billing, and unlimited app creation for your domain. Inquiries about Premier accounts can be sent to appengine_premier_requests@google.com. Secondly, we launched the Python 2.7 runtime as experimental, so that you can test your app against this runtime and make any changes necessary to use concurrent requests in Python.
加えて、先月の1.5.5のリリース時、次の2つの機能についてもローンチしました。1つ目は、請求書の発行、無制限のアプリケーション作成、というようなプレミアムサポートを受けられるプレミアアカウントの整備です。プレミアアカウントについての詳細は、appengine_premier_requests@google.comにお問い合わせ下さい。2つ目は、実験的にPython 2.7に対応したことで、これにより、このバージョンのテストをしたり、Pythonでconcurrent requestsを用いるための変更も実施して頂けます。



If you have any questions or concerns about this, please contact appengine_updated_pricing@google.com. We're excited for this milestone in App Engine history, and we look forward to what the future will bring.
もしなにか今回のことで質問などがありましたら、appengine_updated_pricing@google.comにお問い合わせ下さい。我々はこのApp Engineの歴史における大きなマイルストーンを迎えられることに興奮を抑えられませんし、この先の展開をとても楽しみにしています。



Thank You,
The App Engine Team


特に目新しいことは書かれていないですね。

ぼくはもう、プレビュー版の卒業の準備というよりは、正式版での作り直しをする!と割り切っちゃってるので、有る意味スッキリなんですが。。。
正式版のGAEに特化・最適化した形でプログラムしようとは考えてるんですが、それにつけても、Datastore Read Operationsが厳しい。ぼくが管理してるGAEのtwitter botに、プレビュー版から手当て無しで継続利用しているのがあるんですが、これ(30分に1回つぶやく)ですら、フリー上限の0.05 Million Opsに対してギリギリの0.04。もちろん、これから作るアプリまで無料で賄おうなんてことは考えてないですが、それでも、最初の$9の大半はDatastore Read Operationsに振ることになりそうだな〜。
まぁなんにしても、まずはナリで(つっても意識はしながら)作ってみてどうなるか、ってところですね!


今日のWeb