読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいのうにっき

あたまのなかのデトックスを、不定期的に。主に Web 系技術ネタ。

Dear Google App Engine Application Administrator, というメールが来ていたので

GAE/J

来ていたので、プレビュー版卒業に関する詳報かなと思って訳して(意訳して)みた。



Dear Google App Engine Application Administrator,

GAE上でアプリケーションを展開している管理者の皆様へ


In May at Google I/O we announced that Google App Engine would be leaving Preview status later this year. As part of Google's long-term commitment to App Engine, we are also updating our policies, pricing and support model to reflect its status as a fully supported Google product. We plan to roll this out in the second half of September but we wanted to let you know what this will mean for you and your App Engine applications. Please be aware that the timeline may change, but you can keep up to date on our progress on the App Engine blog. We plan to send a second email once the new pricing is in effect.

5月のGoogle I/Oにてお知らせしたとおり、GAEは今年の後半にプレビュー版を卒業します。Googleの、長期間に渡るApp Engineへのコミットメントの一環として、Googleのプロダクトとしてフルサポートをしていくことができるよう、運営ポリシ・価格・サポートモデルの見直しを行っています。これらの展開を9月の後半より行っていく予定にしていますが、このことがあなたと、あなたのApp Engineアプリケーションにどのような意味を持つことかということを知って頂きたく思っています。この予定は変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。最新の情報については、App Engineのブログでご確認頂けます。新しい価格体系に移行した際には、改めてメールでご連絡させて頂く予定にしています。


* For all paid applications using the High Replication Datastore (HRD), we will be introducing a new 99.95% uptime SLA. The current draft form of the SLA can be found at http://code.google.com/appengine/sla.html. For apps not using HRD, we will also soon release a tool that will assist with the migration from Master/Slave (M/S) to HRD (you can sign up to be in the Trusted Tester for the tool here: http://goo.gl/3jrXu). We would like to emphasize that the SLA only applies to applications that have both signed up to be a paid App and use the HRD Datastore.

High Replication Datastore (HRD)を利用する、全ての課金済みアプリケーションには、今後は99.95%の稼働率SLAを提供します。現在のSLAの草案については、http://code.google.com/appengine/sla.htmlでご覧頂けます。HRDを利用しないアプリケーションについても、Master/Slave (M/S)からHRDへの移行を支援するツールを早期にリリースする予定です(このツールのテスターを募集しています;http://goo.gl/3jrXu)。ここで強調しておきたいことは、そのSLAは「HRDを利用しており、なおかつ課金済みの」アプリケーションのみに適用される、ということです。


* App Engine has a 3 year deprecation policy. This policy applies to the entire App Engine platform with the exception of "trusted tester" and "experimental" APIs. This is intended to allow you to develop your app with confidence knowing that you will have sufficient notice if we plan to make any backward-incompatible API changes that will impact your application.

App Engineには、3年間のdeprecation policyを設定するようにしています。このポリシは"信頼されたテスタ"と"実験段階"のAPIを除いて、App Engineプラットフォーム全体に適用されます。あなたのアプリケーションに影響を与え得る、APIへの下位互換性のない変更を行う予定がある場合でも十分な配慮を行えるように、という目的を持って、このようなポリシ設定をしています。


* We will be updating the Terms of Service with language more geared towards businesses. A draft of the new ToS can be found at http://code.google.com/appengine/updated_terms.html.

利用規約について、よりビジネス的な表現へと更新中です。新しい利用規約の草案は、http://code.google.com/appengine/updated_terms.htmlでご覧頂けます。


* We are introducing new Premier Accounts that will have access to Operational Support, invoice-based billing, and allow companies to create as many applications as they need for $500 per account per month (plus usage fees). If you are interested in a Premier Account, please contact us at appengine_premier_requests@google.com.

運用サポートへのアクセス・請求書ベースの課金・より多くのアプリケーションの作成・・・が可能な、新しいプレミアアカウント制度を導入します(月額アカウントあたり500ドル(プラス使用料))もしそのプレミアアカウントに興味を持たれましたら、appengine_premier_requests@google.com にご連絡下さい。


We will be moving to a new pricing structure that ensures ongoing support of App Engine. Details of the new structure can be found at http://www.google.com/enterprise/cloud/appengine/pricing.html. This includes lowering the free quotas for all Apps. Almost all applications will be billed more under the new pricing. Once App Engine leaves preview this pricing will immediately go into effect, but we've done a few things to ease the transition:

App Engineの継続的なサポートを保証するため、新たな価格体系に移行します。新体系についての詳細は、http://www.google.com/enterprise/cloud/appengine/pricing.html でご確認頂けます。新体系に移行することによって、現在稼動している全てのアプリケーションにとっての無料クォータ分が引き下げられることになります。ほとんどすべてのアプリケーションにとって、新しい価格設定の下、より多額の請求を受けることとなります。


* If you sign up for billing or update your budget between now and October 31st we will give you a $50 credit.

GAEアプリケーションの課金にサインアップするか、今から10月31日までの間に課金条件を変更して頂ければ、50ドルを差し上げます


* In order to help you understand your future costs we are now providing a side by side comparison of your old bill to what your new bill would be. You can find these in your Admin Console under "Billing history" by clicking on any of your "Usage Reports". Please review this information. It's important that you study this projected billing and begin any application tuning that you want to be in effect prior to the new bill taking effect.

新しい料金体系になるに伴って支払いがどのようになるかを把握できるよう、あなたの今までの支払いが今後どのように変化するかについての比較ができるように致します。管理コンソールの"Usage Reports"のいずれかを選択して頂くことで、"Billing history"を確認することができます。この情報を見直してみて下さい。新料金体系の変更が反映された場合の請求内容を確認して、新体系にとって有効なチューニングをアプリケーションに施すことは、大変重要です。


* We have created an Optimization Article to help you determine how you could optimize your application to reduce your costs under the new model.

新しい料金体系の下、コストを減らすことを目的としたにアプリケーション最適化の方法を策定するための最適化の記事を作成しました。


* We have created a Billing FAQ based on the questions many of our customers have had about the new pricing model.

新しい価格モデルについて、お客様の多くがお持ちだった疑問に、基づいて課金についてのFAQを作成しました。


* The new pricing model charges are based on the number of instances you have running. This is largely dictated by the App Engine Scheduler, but for Python we will not be supporting concurrent requests until Python 2.7 is live. Because of this, and to allow all developers to adjust to concurrent requests, we have reduced the price of all Frontend Instance Hours by 50% until November 20th.

新料金体系では、稼動させているインスタンスの数に基づいて料金が加算されます。これは、主にApp Engineのスケジューラによって決定されますが、Google App Engine for Pythonでは、Python 2.7が適用されるまでは、同時リクエストについてサポートされません。このため、すべての開発者が同時要求に対応できるようにするために、11月20日までは、すべてのフロントエンドのインスタンスの価格を半額に致しました。

* Finally, if you have any additional questions or concerns please contact us at appengine_updated_pricing@google.com.

最後に、ご質問・懸念事項がありましたら、appengine_updated_pricing@google.comまでご連絡下さい。



In order to graduate from Preview status, we've made and continue to make large investments in platform features, scalability, and stability that your applications will benefit from. Thank you for your support, commitment, and feedback on App Engine as it has developed. We look forward to working with you for years to come!

プレビュー版を卒業するために、各アプリケーションが恩恵を得ることができるプラットフォームの機能、スケーラビリティ、安定性、といったことに多大な投資を続けてきました。App Engineの発展に対する、皆様の多大なるご支援・ご協力・フィードバックを感謝致します。この先ずっとお使い頂けるよう、お願い致します。



Thank You,
The App Engine Team

2011 Google Inc. 1600 Amphitheatre Parkway, Mountain View, CA 94043

You have received this mandatory email service announcement to update you about important changes to your Google App Engine account.


訳は不慣れなもんですから、意味を取り違えてしまっているところもあるかもです。スミマセン。


所感。

“We plan to roll this out in the second half of September”とのことで、前々から言われていた「GAEのプレビュー版卒業」が、いよいよ近々、動き出すわけですね。
個人的にはやっぱり、「いつ(何月何日に)切り替わるのか」ということと、「今載ってるアプリがfree quotaで賄えそうか?」といったあたりのことが気になりますね。今の稼動状況からチェックすればいい、んですけど・・・、、ごにょごにょ。ただまぁ、“It's important that you study this projected billing and begin any application tuning that you want to be in effect prior to the new bill taking effect.”とも謳われているので、GAEを(できるだけ安上がりに)利用しようとするからには、こういったことはやっておかなくちゃならないことなんですよね。(もちろんそれを忌避してるわけではないのですが、ちょうど今、アプリの前面作り変えも考えているところだったりもしまして・・・)


“We have created an Optimization Article to help you determine how you could optimize your application to reduce your costs under the new model.”とあるけど、これはどこの、どの記事のことなんだろう??


あと、これ “If you sign up for billing or update your budget between now and October 31st we will give you a $50 credit.”、なんでしょ??すごく気になります。まぁ、新料金体系移行に伴ってのユーザー数減少に歯止めを掛けたい意図なんでしょうけど・・・(Adsenseのお試しチケットみたいなかんじ?)。ここらへん、焦って課金設定はせず、もう少し詳しい情報が出るまでは待っておきたいと思ってますが、50ドルは大きいなあと、思ってます。


それと、ここらへん “This includes lowering the free quotas for all Apps. Almost all applications will be billed more under the new pricing.” なんか、多くの利用者の方が「実質的な値上げだ」と口々に仰っておられるのは耳にしてはいても、Google先生自身がこうもスパッと言い切っちゃってるあたりには、一種の清清しさも覚えますねw 個人的にはほんと、GAEのおかげでとても多くの勉強・体験をさせてもらった(もらっている)と思ってるんで・・・。9$/app、も惜しくはないかなあ(もちろんやることはやった上で必要ならば、の話ですが)。


気になる新料金体系に関する詳細な情報は、

ここらへんも合わせてどーぞ。(僕もあとで、改めてじっくり読もうっと)

App Engine の料金体系変更に関する FAQ - Developer Relations Japan Blog