えいのうにっき

主に Web 系技術ネタ。背景画像 is powered by grass-graph.moshimo.works

wafflesのニューアルバム「ballooner」、ゲットォ!

もう大好きで大好きで、大好きすぎるバンド・wafflesワッフルズ)のニューアルバムが、先日10/4にリリースされ、今日、やっと手元に届きました(公式通販)。
公式通販ページには「waffles最高傑作の呼び声高し!」と銘打たれていますが、いやはやホントに、枚数を重ねる度にますます堂に入ってる気がします! 2chでは「今やインディーズどころか自主制作だからなあ」なんていう声もありますが全くその通りで、・・・ホント、もっともっと評価されていい!!



『ballooner/ waffles』2009.10.4発売

  1. ざわめき
  2. レモンレイル [album mix]
  3. CROSSROAD -jump&dash-
  4. poplar(ポプラ)
  5. ドングリのなみだ
  6. Blue
  7. balloon boy〜interlude〜
  8. a i n o w a
  9. 花火♪
  10. 雲のない世界 [album mix]
  11. tokyo.station
  12. ベランダ〜otome room ver.〜
  13. 19才aozora

試聴公式通販ページ公式HPiTunes Storeでも買えます


まだ1回通り聴いただけですが、逆にこの新鮮なときの感想ってのもイイかなってことで、感じるままに書いてみよう。

1.ざわめき

アルバム一曲目からパワーとスピードに溢れるこの曲。前作の一曲目「飛行船」を彷彿とさせます。
新しく物事が始まる・始める象徴の季節としては「春」があると思うけど・・・。

思えば どれだけの時間を一緒に過ごしたかなぁ
ゴール前でみんな 当たり前みたく走り出し
未来がわたしを 急がせるんだ
卒業は そこまで来てる


秋空に 万国旗が揺れるころ
この胸に住み着いた ざわめき

ざわめき/waffles

この曲では「秋」の運動会(かな?)のゴールの先・・・「未来」が、「わたしを 急がせるんだ」と表現してるあたりが、今の僕の状況・心境に少しリンクしてるような気がして。まぁそれは、僕という受け取り手の勝手なんだけれども、これからしばらくは僕のテーマソング的なものになりそうな予感。

サヨナラは まだピンと来ないけど
遠い空 みんな 見始める


『このままでいたいよ・・・』
センチメンタルじゃ進めないな!

ざわめき/waffles

3.CROSSROAD -jump&dush-

歩けばすぐ交差点 ヒダリミギ、どちらハッピー!?
誰かのうしろ ついてゆけば とりあえず・・・

CROSSROAD -jump&dush-/waffles


一曲目の「ざわめき」といい、なんだなんだ、ケフコさんは今何か岐路に立っているのか・・・?、と、思いきや。

走り出す恋のイメージを追いかけて 跳ぶから
街も 光も 突き抜けて 今 妄想ダッシュ
「君」にやっと出会えたかな・・・?

CROSSROAD -jump&dush-/waffles


なんだ恋か。笑
・・・いやでも、こういう場合の「君」は、何でもありえるよな。その人その人にとっての「君」がかけがえのない大事なものなら、それに近づこうと追いかけることは「恋のイメージ」でもって「妄想ダッシュ」するのに近いのかも、しれないなぁ。

4.poplar(ポプラ)

昼過ぎ 駅前 ポプラの木 君が僕を待ちぼうけてる
鏡を見たり 前髪直したり 忙しそうに
声をかけずに見ていたら 気づいた君が駆け寄って
直したはずの前髪は またクシャクシャに

poplar(ポプラ)/waffles


なんだろう。詞を書いているのは女性のはずなのに、表現されている情景は男目線だよね、これ(多分ね)。wafflesは、実はこういう曲が多いような気がする。

いつか僕しかいないなんて 思ってもらえるように
今 ネタばれの手品でも 楽しすぎる時間あげたい

poplar(ポプラ)/waffles


ここ、すき。

5.ドングリのなみだ

君とね 一緒に歩く金色の秋が あんまりキレイで
思わず右手、握ってしまっただけの恋なのに
随分と長い間 好きだったな 一番の恋 忘れない

ドングリのなみだ/waffles


うってかわって、すごく女の子らしい、“かわいい”曲だな、と、男の僕が思いました。ただ、詞全体は切ないかんじですが・・・。

6.blue

この曲はすごくよく覚えてます。初めて聴いたのは、去年の京都であったライブのとき。涙をこぼしながら歌うケフコさんが、とても印象的でした。

瀬戸内の穏やかな海 わたしの心の青だ
カラカラ胸が乾く日は あなたに会いたくなる
何も知らずに はしゃぐ少女には 戻れなくても

blue/waffles


四国出身のケフコさんが、地元にいたときのことを歌った曲だそう。「瀬戸内」なんてキーワードが出てくるような点、自分にとってもちょっと特別に聴こえる曲です。

11.tokyo.station

広い東京 訪れなくなる街があり
会わなくなった誰かのこと 想うとき
まだ 胸の奥 すっと 走り抜ける 甘い涙

tokyo.station/waffles


珠玉の名曲揃いのこのアルバムの中で、僕にとってのナンバーワンを決めなければならないとしたら、この曲になるかもしれません。この曲に、東京に住む人たちの、悲鳴にも似た想いが詰まっているように思えます。
しっかし、すげぇなぁ。こんな曲も、生み出せるんだ。。(詞的にもメロディ的にも)

12.ベランダ-otome room ver.-

このアルバムに先立ってシングルカットされた4曲のうちの1曲。「otome room ver.」とは良く言ったもので、曲の雰囲気はまさに、自分の部屋のベランダから夜空を見上げるotomeの図、ってかんじ。・・・妄想ですが!

あなたを夜思うと いつも宇宙に浮かんで
銀河のなか 泳ぐみたいに 孤独で自由よ

ベランダ-otome room ver.-/waffles

13.19才aozora

なんだろう?思いっきり受験生ソングっぽいけど、ケフコさんが大学受験のときに書いた詞なんだろーか?
・・・ほんともう、思いっきり受験生ソングなんだけど、

期待してた わたしに会いたいから
自由って意外とタイヘンだけど 今はこの風に吹かれたい

19才aozora/waffles


受験生なんて遥か昔に体験し終えた自分なのに、こんなにもドキリとくるフレーズが。


総括

いやぁもうスバラシイ。iTunesで付けたレート、13曲中11曲が「★★★★★」(星五つ)!・・・あぁ、アルバム発売記念ワンマン、ホント行きたかったなぁ・・・。
年内はもう関東でのライブしかないようだけど、ぜひ来年もまた、関西より西でもライブをやってほしいもんです!
今後のwafflesに、幸あれ!