読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいのうにっき

主に Web 系技術ネタ。背景画像 is powered by grass-graph.shitemil.works

手嶌葵について。

相変わらず手前味噌ではございますが、CountDown iTunes!!を用いて、09/4/12〜09/5/5の期間の、再生回数差分アーティストランキングを出してみました。



Rank Artist Artist Rating Period Play Count
1 手嶌葵 ★★★★ 64 lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll 382
2 菊田裕樹 ★ 29 llllllll 71
3 チャットモンチー ★★★ 62 lllll 42
4 スピッツ ★★★★ 76 lllll 41
5 NO PLAN ★★★ 57 llll 37
6 ワッフルズ ★★★★★ 83 lll 30
7 GO!GO!7188 ★★★★ 74 ll 18
8 東京事変 ★★ 41 l 15
8 peridots ★★ 44 l 15
8 木村カエラ ★★★★ 75 l 15
11 ナインティナイン 4 l 11
12 大塚利恵 ★★★★ 78 l 10
13 宇多田ヒカル ★★★ 54 6
14 YUKI ★★★★ 77 4
15 レミオロメン ★★★ 55 1
15 銀杏BOYZ ★★★★ 76 1
15 水木一郎 3 1
15 笠原弘子 0 1
15 藤岡藤巻と大橋のぞみ ★★★★★ 100 1
15 ぱぱぼっくす ★★★★ 77 1


ジブリ映画で一番に好きなのは「魔女の宅急便」、2番目が「崖の上のポニョ」、3番目が「ゲド戦記」な僕だったりするのですが、この手嶌葵(てしま あおい)さんは、「ゲド戦記」において準主役のテルーの声優・テーマソングに抜擢された歌手です。
僕もこの「ゲド戦記」をDVDで借りて観るまでは、彼女のことを全然知らなかったのですが、劇中での歌声に(劇中のアレン同じく)ガツンとやられてからというもの、DVDを返却するその足で彼女のCDを借りたり、最新のアルバムは購入したりと、一瞬のうちに彼女の虜になってしまった次第です。


ご存知ない方もおられるかと思いますので、彼女の歌う曲の中から特に僕の好きな3曲を、ご紹介します。


岸を離れる日 − 手嶌葵


テルーの歌 − 手嶌葵


時の唄 − 手嶌葵


なんていうんでしょう、無意識的ながらも映画からの印象も大きいのだとは思うのですが、とある小さな村の歌姫が歌い上げているような、無垢で、懐かしくも柔らかく、聴いている人を包み込んでくれるようで、それでいてどこまでもまっすぐな、凛とした歌声。多くの人が彼女の曲のレビューで「わけもわからず涙が出た」(図らずも、劇中のアレンもテルーの歌声を耳にして涙している)としているのも、全くの大げさ・誇張ではないと思います。


そんな彼女の最新アルバムは、4thアルバムである「虹の歌集」。

虹の歌集(初回限定盤)(DVD付)

虹の歌集(初回限定盤)(DVD付)

僕はちょっと遅れて購入したのですが、この最新アルバムでも相変わらず、彼女の歌声は健在です。ただ、個人的に少し気になる点としては、歌手としてどんどん「巧く」なってきたのかな、ということ。歌声が前述のようなものであることに変わりはないのですが、やはり1stアルバムと比べると、どうしてもその歌声に「飾り」が付いているような気がしてなりません。そういった歌手としての「技術」も、ともすれば不要のように感じてしまう「飾り」と思えるぐらいに、僕が魅了されたその歌声は純粋なものだったのかな、という気がしています。
とはいえ、僕のような者の戯言には耳を貸す必要など全くなく、彼女の信じる歌手への道をただ邁進していって欲しいなと、そう願うばかりであります。

関連エントリ

blog.a-know.me






follow us in feedly