えいのうにっき

主に Web 系技術ネタ。背景画像 is powered by grass-graph.shitemil.works

一眼レフを買ってしまった。

一眼レフ(デジタル)を買ってしまった。写真・カメラは、どちらかというとニガテなのに。

きっかけ

土曜はダメよ!」というテレビ番組が好きで、ずっと録り貯めしてた。で、つい最近まとめて見返していたら、そのうちのある一回の放送の「ギョーテン美人!ダメットさん」という1コーナーで、「パンダ大好きダメットさん」なる方が紹介されていた。詳細はココココなど。ググってみてもいいかもしれない。
カンタンにいうと、「パンダが大好き過ぎて、ぬいぐるみのパンダをモチーフとした写真を撮りまくってしまう」という、大変「なごみ系」なダメットさん

その写真がとってもイイ!んだな、コレが!! ぬいぐるみのパンダが、写真の中でバイクに跨ってみたり、旅に出てみたり、はたまた都会の喧騒に疲れてみたり。まるでそのパンダが生きているかのように見えるその写真に、僕は心を奪われてしまったのでした。

真似したくなってきた

ダメットさんを見終わるなり、僕はすぐにグーグルで検索をかけ、上記のようなサイトを発見した。なんやかんやでこのダメットさん、出演をきっかけに話題になり、なんと写真集を出すまでになっていたようだ!ううううううむ。とりあえず購入しとく。

しっかし、「ダメットさん」とは呼ばれていたものの、ものすごくうらやましく思う自分がいる。あんなにうまい写真が撮れること、あんなに好きになれるもの(パンダ)があること、写真集という形でいろんな人に見てもらえていること。

・・・いやいや、確かにうらやましいけど、「うらやましい」で終わる必要なんてないんじゃないか?・・・はて、僕にはダメットさんみたいに「好き過ぎ」て、なおかつ「写真のモチーフに」なるようなものってあったっけ・・・。
・・・あったあった、我が愛車のビートルだ!

カメラえらび

こうなったら俄然加速しだすのが僕の性分。「まぁまぁ、すぐ買うわけじゃないし」と自分に言い聞かせながら、「デジタル 一眼レフ 初心者」的な検索ワードで検索し、一眼レフの勉強開始。

  • 二眼レフ、というものもあるらしいが、考慮に入れる必要はないらしい。
  • レンズは別売らしい。
  • でも「レンズキット」というセットになってるものもあるらしい。
  • 本体よりもレンズの方が高いらしい。
  • レンズを換えるときにホコリが付くとかなり厄介らしい。
  • キヤノンニコンの天下らしい。
  • 同じ画素数でも、普通のデジカメとは「撮影素子」とやらの大きさの違いのため、その出来栄えには雲泥の差があるらしい。
  • 普通のデジカメと一眼レフの合いの子的な「ネオ一眼」というのもあったらしい。

などなど。なかなか奥が深い。
続いて、価格.comデジタル一眼レフの最安値を検索。「レンズキットで5万円くらいのがあったら迷っちゃうな〜」とか思っていたら、「ニコンD40」と「オリンパスE-510」が共に3万円台後半と、殆ど「即買いOK!」といった価格帯。
「おいおいマジかよ、ヤバいな〜」と迷うこと約2日、「手ブレ防止機構」+「ゴミ取り機構」+「ライブビュー」の3冠に輝いた「オリンパスE-510」をポチったのでした。

まずは携行に慣れないと。。

で、手元に届いたのが先週の土曜日。以下、感じたこと。

  • 重厚感(良い意味で)すげぇ!
  • シャッターを切った瞬間、「おほっ♪」ってなる。
  • 絞りや露出、シャッタースピードなど、むずかしい。
  • ライブビューは無くても良かったかも。現時点では。
  • 気づいたら、ものすごいアクロバティックな体制で写真を撮ってる自分がいる。

家の中でパシャパシャやるのも飽きてきたので、首からぶらさげて外に出てみた。・・・が、自意識過剰なのか、なんだか無性に恥ずかしくなってきて、一枚も撮らずに帰ってきた。笑
まずは、普通に持って歩けるようにならないとな・・・、、道のりは険しい。




やっぱり家の中だと、暗いな。