読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいのうにっき

主に Web 系技術ネタ。背景画像 is powered by grass-graph.shitemil.works

エンジニア立ち居振舞い:論理的に考える

ひとでくんさんが作ってくれた お題「エンジニア立ち居振舞い」。ぼくはセールスエンジニア…、、あっ、エンジニアじゃんってことで考えてみた。 常に物事を論理的に考え、捉えるようにする 僕のいまの仕事のうちのひとつに、ユーザーさんからの技術的な問い…

はてなに入って良かったと思っていること

こういうのって、「はてなに入って良かったと思っている○つのこと」みたいな感じでまとめて書くことができたらそれが一番なんだろうなということは薄々わかっていて、そして入社してから今日までの間に「良かったな」と感じたこと全てをまとめればきっとそれ…

自分の「キャリアキーノート」を作って発表してました

してました。といっても、一ヶ月以上前・前職の社内勉強会、という場で。

身の程を知ろうとしなくてよかった。

ときどき、例えばシャワーを浴びてるときとか、SE(システムエンジニア)として新卒で入社した会社で出会った先輩のことを、ふとした拍子に思い出す。7,8年前とかのこと。

新卒受け入れカリキュラムを考える一環として「アプレンティスシップ・パターン」を読んだ

いま僕は、「新卒受け入れ研修の内容を考える」ということを主な業務のひとつとして取り組んでいる。 こんどの4月、いま僕が所属している会社に、新卒のエンジニアが入社してくる。なにぶん今年はその人数、5人。そして来年以降もこれくらいの採用人数は継続…

思いもよらないことは起こるから

ぼくは、どうも気が早いもので、はやくも今年のふりかえり記事を書き始めてみているのだけど、今年をふりかえって、ああ、結構「えいや」でやってみたことが多い一年だったなぁ、と思った。 まぁ、ひとつひとつを取り上げると些末なこと(だけど、ぼくやぼく…

「はやくつくる」のに必要だなと思ったこと、とりあえず 4つ。

ぼくは今、とある新規プロダクトの立ち上げを担当させてもらっている。といっても、ぼくは、プロデューサーとかではなく「アプリケーションエンジニア」なので、やることといえば普段と変わらず、「プログラミング・プログラムを書くこと」だ。 ふと振り返る…

1人 1 esa(ひとりひとえさ)の時代が来てるんじゃないだろうか、という話

原題は「オンラインな端末であればいつでもどこでも Markdown で書けて読めて、基本プライベートで、でも必要に応じて簡単に公開できるやつ、の必要性が高まっているのではないだろうか、という話」。 最初に断っておくと、変なテンションの高まりを受けて書…

"雑用" でもモチベーションが下がらない理由と、"雑用" してもいい条件。それと、僕が考えるリーダー像について。

↓この記事を読んだ。 d.hatena.ne.jp 読んでいて、「そんな古いかんじのマネージャー、実際に見たことはないなぁ」とかは感じつつも、 例えば「全体最適を目指す」、「トータルで最善にする」を固定化させずにそれらを見失って、「この担当はこの人」や「マ…

見積りってムズかしい。

見積り。システム開発における見積り、特に作業工数の。 前職での経験を振り返っても、一番心が折れたのもこれだし。今の職場に来て思わず感動してしまったのも、そのムズかしい見積りに対して(合理的だと思える方法で)みんなで立ち向かっていたから、なわ…

組織文化にフリーライドするのはやめよう

タイトルが全てなんだけど。 ある組織の文化に魅力を感じて、実際にそこに飛び込んだのなら、少なくとも、自分で「(その組織にとって)良い」と思える行動を、どんなに小さなものでもいいから、少しずつでも取っていこうよ、という話。 いまいる場所が居心…

「自分をかたどってくれるモノ」を増やしたい

ぼくは自己紹介が苦手だ。嫌い、とかではなくて、うまく出来ない。...自己紹介って難しくないですか? 何かの必要に迫られて自分のことについて説明しなきゃいけないときや、何かの間違いで誰かに興味を持ってもらったときに、「あぁ、もうちょっとこう、う…

ぼくたち中途は "成功体験" を求められていると考えてみる

今ぼくが所属している会社は、今でこそ、 GitHub を毎日当たり前のように使ってバージョン管理し、開発においてコラボレーションしている メインとなる社内コミュニケーションの手段は slack だし、slack には ruboty も住んでる 社内の情報共有には Qiita:T…

リアクティブ・コミュニケーション

さいきん、巷では "リアクティブプログラミング" などで "リアクティブ" "react" などの言葉が耳目に触れるようになっておりますが...。。 皆様方におかれましては、"チャットワーク" や "slack" などのチャットツールを業務に活用されておられることと存じ…

"打てば響く" ひと

年に一回くらい、「例えば来年、いっしょに働くことになる自分の後輩に求める素養を、ひとつだけ挙げるとしたら?」みたいなことを考える(考えさせられる)機会がある。不思議と、年に一回くらい。w そう聞かれてパッと出るのは、ベタなんだけど "素直さ" …

自分の身を切らない立場の人の言うことは、聞き流しちゃってもいい

ここ数日、某家具販売サイトの障害が騒ぎになっているけど...。。 アジャイルサムライという、アジャイル開発についての指南書とでもいうべき書籍に、ニワトリとブタが登場する、ある喩え話がある。 それはある日、ニワトリとブタのふたりが「レストランを出…

自分の殻を突き破った人に、恥をかかせないようにする

ふと自分自身を振り返って、あぁ、こういうの、ときどきあったなーって思ったので。 今までの自分の担当範囲とか守備領域なものを突き破る行動をするのって、誰しも躊躇われるところはあると思うんだけど、その理由のひとつに、「出来もしないのにでしゃばっ…

もっとアピールしよう

一時期、"実況パワフルプロ野球" というゲームにハマってたことがあった。ハマってた、というか、"1日1試合はやる"、みたいなルーティンになってた時期があるんだけど。 実況パワフルプロ野球2014出版社/メーカー: コナミデジタルエンタテインメント発売日: …

もっと褒めよう。

自戒の意味もこめて。

"補助輪" の話

補助輪。 小さな子どもが乗り始めたばかりの自転車につける、アレだ。当然?ながら自分にも、アレ付きの自転車に乗った経験がある。 アレはいい。2つのタイヤだけで走るという、なんとも不安定極まりない(ように見える)乗り物に、アレを取り付けるだけで、…

自社サービスの開発をしている僕が "「納品」をなくせばうまくいく" を読んだけど、とてもおもしろかったという話

ずっと積ん読されてた "「納品」をなくせばうまくいく" を、ようやく読んだ。株式会社ソニックガーデン の社長である倉貫義人さんの本。 読む前は、正直、「自分たちのビジネスモデルを顧客に手っ取り早く啓蒙するための本、ってところなんじゃないかなー」…

実は自分の職業の呼称に違和感がある

エンジニア、ないしはプログラマ。うーん、どっちも違和感あるんだよなぁ、大げさというか「そんな器じゃないっす...」というか。これ、随分前からなんだけど。かといってクリエイター、とかいうガラでもないし。 じゃぁなんなのよ、ってところをいろいろ考…

自分がどれだけラッキーか振り返ってみるよ

父親にダメもとでおねだりしてみてラッキー! 時は1995年、中学1年生の頃。ぼくが PC に興味を持っていることを察するやいなや、中古のデスクトップ PC を買い与えてくれた親父様。CPU386 の PC-9801。当時で約10万円。 このマシンで、学校でゲットした "ぶ…

他者に何かを提案・お願いするときは、相手のことだけ考えれば良い

と、思ってる。ごめん、ちょっと煽り入ってるけど。 提案・お願い、っていうのはなにも大きなものばかりではなくて、「自分は○○と考えている、というのを知ってほしい」みたいな小さなことも含めて。 提案やお願いの内容の正当性とか理にかなってるかどうか…

職場での所属が変わったので、所信表明してみる

今月から、社内での所属するプロダクト・チームが変わった(こんなエントリ も書いたりしてたけど、結構あっさり時機がきた)。 それにより、前のチームではリーダー的な立ち位置だったのも、プログラマ・エンジニアに変化した。 とはいえこのエントリは、そ…

働く会社に僕が求めるものの一つが言語化できそうだから書いてみる

さいきん新卒採用イベントの応援をしたりすることが多くて、そこでは自分の職場環境とかについて話をしたりするんだけど、そんなことをしているうちに、"僕自身が働くとしたら、そこにどういう環境を求めているのか"、が言語化できそうな気がしたから、書い…

Rebuild.fm とか mozaic.fm とかの話

Rebuild.fm とか mozaic.fm とかの 技術系Podcast を、本っ当に今更ながらではあるんだけど、聞き始めた。 "今更" になってしまった言い訳としては、視聴環境。最近になってようやく、使ってない iPod nano が自宅にあったことを、思い出した(どうしても Po…

チームは、チームリーダー(とチームメンバー)が望む形に成る。きっと。

現在僕は、自社いちプロダクトの開発チーム(エンジニアチーム)のリーダーを仰せつかっている。 ぶっちゃけ、自分のチームは、"そこそこうまく回っているほう" なのかな、という自負はあるんだけど(もちろん山谷はある)、だからといってそのまま今のチー…

人にものを教えるときは

人に何かものを教えるときは、"それをできなかったときの自分" に戻ったつもりで・その時の考え方や気持ちにアタマを切り替えてから、話を聞き、応じるようにしてる。似たようなことを色んな言葉で語られてるような、普通のことかもだけど。 そうすると、相…

「パーフェクト Ruby on Rails」をパーフェクトに写経した & 僕の写経のやり方について

写経した。 「パーフェクトに」というのは、6章から8章までのひととおり全部を、ということ。 https://github.com/a-know/awesome_events アプリケーションのコード https://github.com/a-know/server_awesome_events サーバー周りのコード 6章は「イベント…

記念すべき Golang Cafe #50 に参加してきたので、GAE/Go の写経を始めた #golangcafe

Golang Cafe? Golang Cafe - GDGChugoku Golang Cafe - GDGChugoku 大都会岡山の有志のエンジニアが毎週集まって、Go言語をテーマにしたあれやこれやに取り組む会のことで、こつこつと開催を重ねたるやその回数、50回! その記念すべき節目として、その50回…

ドラゴンクエスト10のマネタイズ または、ブーストメディアとしてのドラゴンクエスト10

今や docomo のスマホからもプレイできるドラゴンクエスト10、僕も発売一週間後くらいから今まで、細く長く、プレイを続けているんだけど、ふと思うところがあったので書いてみる。

いつの間にかにフリーランス

先日、半年以上前の自分のツイートが RT された。 " 個人事業主扱いで仕事させるなんてまともな所の訳が無い"……。 / “手取り15万から60万に上がったSEだけど質問ある? : IT速報” http://t.co/BwmjUbkiw7 他1コメント http://t.co/MHD0tMqE95— いのうえ (@a_…

「ブラック」を忌避しすぎていていいのだろうか、と、時々思う

自分が新卒のときに、教えてもらって・指導してもらって良かったなぁと思うことを今やろうとすると、どれもこれもブラックっぽくなっちゃうんだよなぁ。— いのうえ (@a_know) 2014, 6月 11新卒入社した会社で、入社時〜2年目くらいに指導・教育してもらった…

週末の過ごし方

土日に何もアウトプットできてないとサザエさん症候群が悪化することがわかったorz さぼりすぎた……— いのうえ (@a_know) 2014, 6月 8 32年間生きてきて、僕の中で、「無難な週末(主に土日)の過ごし方」というものが形成されてきている。 無難な、というの…

かつて在籍していた会社がなくなった

なくなった。 事業が立ち行かなくなって潰れちゃったのか、然るべきタイミングでの親会社への合併・吸収という形なのか、正確なところはわからないけど。

「知の高速道路」の走り方

これだけ様々な、便利な道具が揃っているんだから、あとは僕は「物理的に1人でも、継続的かつ効率的に学び、成長できる技術」がほしいんだな。それをするための最低限度の技術、とか、コツ、とも言い換えられるかもしれんけど。— いのうえ (@a_know) 2014, …

ぼくが仕事で大事にしていること。

会社の上司との何気ない会話・やり取りのなかで、すごくハッとさせられたことがあったので、ここでも書いておこうと思います。

プログラムに、愛を込めて。

先日友人とファミレスでダベっていたときに、マンガ「ONE PIECE」の話になりまして。僕は最初の十数巻しか読んでないんですが(完結してから一気読みするタイプ)、「オモロいよな」「アツいよな」なんて、ありきたりな話をしてました。その会話の途中で、「…

今年の“感字”

僕は、iGoogleを利用しているのですが、そこに「美人時計」を置いていたりします。んで、それを今までは何気なくチラ見(いやらしい意味でなく。いやホントにw)してたんですが、よくよく見てみると、「美人時計」の中の美人さんが持ってらっしゃる黒板に、…

「倉敷」

突然ですが。僕が今住んでいるのは岡山・倉敷なんですが、この「倉敷」の字ヅラ、響き、漢字の持つ雰囲気・・・が、大好きだったりします。自分の愛車も、ご当地ナンバーでもある「倉敷」ナンバーにするために、わざわざ住民票を移したくらい(そもそも引越…

「道具」を見て、作るものを決める「ものづくり」が、もっとあってもいいと思う。

こんにちは。a-knowです。今日はちょっと、僕の大学時代のことを振り返って色々と考えてみたいと思います。 実は、と、わざわざ前置きすることのほどでもないんですが、僕は大学院(修士課程)まで行っています。 情報分野を専門的に勉強したい、という理由…

「はてな」の中途採用に応募した。

「はてな大好き!」なエントリが多めな当ブログですが、・・・実は、昨年の夏〜秋口ぐらいから「はてな」の一員になることを夢見始めてたりしてました。それ以降のこの約一年、自分が思い付くことができ・また実際に出来得る行動をひとつずつ、取り続けてき…

人生を「うずめる」ところ。

もう一ヶ月ほど前のことになるんですが、梅田望夫さんの「ウェブ時代をゆく」を読了しました。6月に「シリコンバレーから将棋を観る」を読んだのを皮切りに、梅田さんの著書を遡って読んでいっているんですが、僕にとって梅田さんの紡ぐ言葉は、そのどれも…

無題

先日、思わず胸の熱くなるエントリを見つけてしまったので。 萩本さんの正面に座って話をしていると、その熱さがどんどん伝わってくる。こんな熱い方を、私は知らない。萩本さんは言った。 情熱を持続させるためには、戦略が必要。それは何だと思う? 酔いな…

僕が「仕事」にしたいこと。

任天堂 “驚き”を生む方程式作者: 井上理出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2009/05/12メディア: 単行本購入: 31人 クリック: 408回この商品を含むブログ (125件) を見る 先日、「任天堂 〜“驚き”を生む方程式〜」を読了しました。本来の生活に必ず…

僕が「はてな」を好きな理由

先日、「はてな村」村民としては遅ればせながら、梅田望夫・著「シリコンバレーから将棋を観る」を読了しました。・・・僕が「はてな村」の村民として迎えられているかどうかは別として。

「夢を諦めず頑張ってくださいね」

今日、自分の職場に新入社員が配属されてきた。本社での約2ヶ月の研修を終え、どの顔も「気持ち新たに」といった感じで、見ているだけでこちらも身が引き締まる思いがした。支社への配属時の通例として、支社社員全員の前での、PowerPointを使っての自己紹介…

職業について。

僕は現在、システムエンジニアという職に就いている。「システムエンジニアってどんなことをする仕事なの?」と訊かれることは多く、またその都度僕は、その場その場で説明を考えて回答をしてきていたのだけれど、最近始めた「13歳のハローワーク」に登録し…

明日の自分は、明るいか?

最近、といってももうここ一年か二年くらいずっとそうなのだけど、五年後の自分に対して明るい展望を抱けない。今の仕事を続けた延長線上にある五年後の自分の姿が、良いものであるとイメージできない。五年後の自分、五年前の自分 − 刺身☆ブーメランのはて…